短期間でどうにかウエストを細くして服が入るようにしなければならない、人間にはそんな時期が必ずやってくるものだ。急な結婚式の予定、衣替えで昨年来ていた服が入らない、コスプレイベントまであと少し。こういう目的がある時のダイエットは成功しやすいイメージがある。

 というわけで私は今、色んな方法でウエストを細くしようと頑張っている。折角なので何かオカルト的なパワーにも頼ろうと思い、雑誌の裏に書いてそうな怪しい健康食品に手を出そうとした。しかしである、どうせなら「漢方」という東洋の神秘的なものに手を出したほうがいいのではないかと、漢方薬ならば効く気がしてきた。というわけで早速ドラッグストアにGOである。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

 実は前ダイエットしていた時に防風通聖散を飲んでいたのだ。結局痩せれたのだが、色んなダイエットを複合していたので防風通聖散が効いたのかどうかはわからない。おそらくプールに泳ぎに行ったり、移動方法を徒歩メインにしつつ糖質制限をしていたのが一番効いていたと思うが、もしかしたらこの漢方が効いていて痩せた可能性も捨てきれないので今回も試してみる事にした。

 前に飲んでいたのは錠剤タイプなので、今回はツムラから出ている顆粒タイプの防風通聖散をチョイスしてみた。

やはりネットが安いか

 ツムラの防風通聖散は24包、48包、64包入りのものがある。近所のドラッグストアで確認したところ24包入りが2,430円。そうである防風通聖散は高いのである。効き目がある分、副作用の心配もしなければならない第2類医薬品なので薬剤師or登録販売者の対面販売が基本なのだが、どうしても割高感は否めない。

 我らがAmazonさんで価格を調べた所、24包で1,391円。64包で3,045円である。かなり安い。
 1日に2包飲むので、24包入りで12日分というわけだ。とりあえず私には14日ぐらいしか無いので24包のヤツを選択しておいた。

顆粒タイプの生薬成分

 24包入りの中身はこんな感じになっている。錠剤タイプよりも持ち運びやすい印象である。
 スティック状で成分がぶち込まれている。1包あたり1.875gとの事、1日の服用量が2包であるため3.75gだ。生薬成分は2包で2,250mgだ、小林製薬から出ているナイシトールZなど他の防風通聖散は5,000mgらしいのでより成分を求める人は生薬成分が多いのを選ぼう。2種類の漢方を同時に飲んで成分を増やす、とかは危険なのでやめよう。

お湯に溶かして飲むスタイル

 食前(30分前)に飲むのがいいとされている。どちらかというと空腹時に、よく吸収される時間に飲むのがベスト。顆粒なのでお湯に入れれば溶ける。ちなみに水でも溶けるか試したみたところ、全く溶けなかったのでおすすめできない。

 この防風通聖散ティーが非常に美味い。香りはスーパー銭湯の岩盤浴ロウリュウ、ハーブ湯。防風通聖散の錠剤タイプを飲んだことのある人なら独特の苦みというか木の味みたいなのがわかうと思うが、それがお湯に溶け出していることでまろやかになっている。およそ苦味がお茶のような雰囲気で飲みやすいのだ。生薬成分のどれが味のメインを形成しているのかはわからないが、まずくはない。不味そうに書くならば「スーパー銭湯のお湯の味」

 特筆すべきは後味である。後味に妙な爽快感があるのだ、スーっとするような何かミントのような残り香。飲んだ後に嫌な味が残るのでは無いかと思ったが、これは妙にスパイシーである。お湯の入れる量によってかなり風味が変わるので、私個人では少な目が良い

利点と欠点

 漢方はゆっくり味わうようにして飲む方が効果が高いらしいので選んでみた。利点としてはお湯に溶かしても飲めるし、そのまま力技で飲むこともできる多様性。欠点としては生薬成分は少な目で、錠剤タイプのほうが素早く飲む事ができる点だろうか。

 ちなみに、まだ飲み始めたばかりなので効き目については不明である。今回もウエストを細くする策を色々やっているので単体で効くかどうかは判断できないのが残念である。


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」