くら寿司がついに本格的な糖質制限メニューを出してきたので早速どんなものか食べてきた。少し前に回転寿司でのシャリ残し問題が話題になった、お金を払っているんだからシャリを残すのは自由派とシャリを残すのはマナーがなってない派などが壮絶な戦争を繰り広げた。そんな中でもくら寿司は糖質ゼロ麺などニーズに合わせたメニューを投入してきたのだが、今回登場したのは完全に寿司の形をしている。

 メニューはにぎり寿司の形が2種類、手巻き寿司の形が2種類、ラーメンの麺なしが4種類。他にもシャリが半分のシャリプチシリーズもあった。

まずはにぎり寿司タイプ2種

 リリースが出た時から「これは寿司ではない刺身だ」といった声が上がっていたが、食べてみた所これは寿司である。シャリの部分が「大根の酢漬け」になっている。刺身のけんのようにイメージしている人が多いが全く別物である。また寿司ではなくサラダじゃん、という声もあったがこっちのほうが近いかもしれない。

 どちらもワサビや醤油をつけて食べるとなかなか寿司であるのが面白い。酢具合がシャリに近いのか、皿に乗っているにぎり寿司の形という点がさらに寿司感を加速させる。これが透明なガラスボウルに入れられているとただのマリネかもしれない。

巻き寿司タイプの方が美味い

 巻き寿司タイプの寿司が思っているより大きかった。こちらはまぐろたたきとエビマヨの2種類である。
 海苔をめくって中を見てみるが、中身はにぎり寿司タイプ+キュウリが入っている。考え方次第ではこちらのほうがお得な感じがしてくる。ちなみにこの手巻き寿司タイプは家で手巻き寿司をやって最終的にシャリが無くなった時に作るような贅沢な巻き寿司の味。エビマヨが一番美味しい。

麺なしラーメン+野菜トッピング

 麺なしラーメン、ラーである。この中で一番カロリーが少ない醤油ラーをチョイスしてみた。先に感想から述べると7種の魚介スープの野菜鍋である。ヤサイ部分はキャベツ+もやし+ニンジンといういかにもカタカナでヤサイと書く方が似合いそうな組み合わせである。いい具合にスープに絡んで味が染みているので美味い。
 トッピング野菜というメニューを発見。

この赤皿の名前は「えくぼ皿」

 今日知ったんだけど、この赤皿の正式名称は「えくぼ皿」っていうらしい。このえくぼ皿にヤサイが盛られただけのメニューがトッピング野菜である。メニューの一番最初に配置されているにも関わらずWebのメニューには載っていないやつである。このトッピング野菜を使えばラーメン麺なしヤサイマシマシも可能というわけである。担々麺の麺なしだとかなり合う気がする。しかし担々麺の麺なしカロリーは210kcal、醤油ラーは79kcal、結構差がある。

 なんかすごく健康的な気分になれるので糖質制限中じゃない人も食べてみる価値はある。


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」