スーパーでたまたま通りがかった紅茶コーナーに全然お茶と関係無いものが売っていた。粉に水を入れて作るインスタントタイプの飲み物である。日東紅茶のシリーズなのだが、思っている以上にラインナップがあって少し興味が出てきたわけだ。スーパーに並んでいるのでフルーツ香るサングリア、塩とライチ、南国果実とココナッツ。どれもなかなかネーミングとパッケージは美味そうである。
 南国果実とココナッツは別のスーパーで売っていた。価格は238~258円であった。

10袋入り

 1パックに10袋入っている。作り方としてはグラスにスティック1本分を入れて、水を150ml注いで完成とのこと。しかし、実際に150mlで作るとかなり濃いと感じた。スティック1本あたり、だいたい糖類が9.4g程度入っているので150mlで割るとなかなかいい具合と思っていたのだが甘味料(アセスルファムK、スクラロース)も使われているのでかなり甘く感じる。

 大きいグラスで300mlぐらいで割ってもいいかもしれない。夏場の水分補給を考えるなら薄くても美味しい。ちなみに私はカルピスを限界まで薄めたヤツが好きな部類なのでそれも参考にしてほしい。おすすめはスティック2本に900ml、ベストに美味い。

日東紅茶のインスタントシリーズ

 このインスタントシリーズはかなり種類が多いのできっと好みが見つかるはずだ。ブルーベリー酢やらカルピス、フォションの紅茶など水で薄める系の飲み物は結構好きなのだが、どれも冷蔵庫で中途半端に残っている事が多くて邪魔である。

 この日東紅茶インスタントシリーズならスティックで常温保存しておけるので場所を取らないのがナイスである。


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」