dsc_0002.jpg 自宅から一番近い回転すし店は実のところスシローである。やはり他社と比べると少し遅れを取っているような気配は感じる。
 タッチパネル、だっこずしスタンプ、予約アプリなどは揃っているが、肝心のレーンが未だに1レーンなのだ。どうやら今後3年間で専用レーンやセルフレジの導入などを進めているそうなので期待しておきたい。
 そんなスシローのまいどポイントを貯めるためにちょこっとだけ食べに行くか、とアプリのメニューを眺めていたのだがとんでもないメニューを見つけてしまった。
 「鯖バーガー」と書かれたソレは、寿司の中に堂々と鎮座しており完全に違和感を消していた。忍者メニュー。

 

おやつ感覚で食べれる

 価格はなんと180円+税、実物を見ても結構安いと感じる値段だ。カロリーは300kcal、マクドナルドのハンバーガーは260kcalなので少し高い。
 まいどポイントを貯める目当てでスシローに軽く足を運びたい系スシロー人にとってはベストな選択肢では無いだろうか。
 ちなみに私が来店した時に2レーンほど見張っていたが誰一人として鯖バーガーを注文していなかった。 

 

包装もかっこいい

dsc_0003.jpg ようやくお目当てのバーガーが届いた。でかでかと「鯖」と書かれた包装で届く。鯖から思い浮かぶワードはサーバーであったりサーヴァントであったり、魚以外のイメージが先行する。
 寿司ネタ用の鯖の切れ端がいくつか入っているものかと想像していたが、実物はもっとすごかった。
dsc_0004.jpg とにかくデカい鯖が目に入る、バンズが小さいのか鯖がデカいのかもはや分からないが鯖の棒寿司ぐらいのサイズである。
 もうこの☆5鯖本体だけで180円の価値があるかも知れない錯覚に陥る。

決め手はわさびマヨ

 バンズの中身は大葉、ガリ、シャリ、鯖、わさびマヨである。なぜか私のバーガーにはシャリが入ってなかったが店員のミスだろう。新メニューはミスが多いという事はなんとなく学んだので想像でシャリをプラスした。
 この時期ならでは旬の鯖は脂がのっており非常にジューシーである。シャリとバンズは思った以上に相性が良かった(妄想)。
dsc_0005.jpg 食べる時に少し注意が必要だ。ガリの汁気が垂れてくるので、縦にして付いてくる黒皿の上で食べよう
 とにかく酸っぱいという味が食欲をそそる一品。

 

付け合わせはやはり

dsc_0008.jpg スシローのフライドポテトは美味い。
 鯖バーガーと桜姫鶏の唐揚げとフライドポテトで560円+税、スシローのバリューセットはこいつで決まりだ。


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」