dsc_1622.jpg そろそろ鴨そば復活してるかなぁ、なんて淡い期待を寄せながら昼飯にはま寿司に行く事になった。一番のベストは鴨そば以外にもそばのメニューが増えている事である。現実はそんな事は無かった。豊富な醤油、やたらとうるさいタッチパネル、いつものはま寿司がそこにあった。
 最近はとにかく食べた事の無い商品しか食べない傾向なので、新商品をチェックしてみる。冬の数量限定「濃厚クリームスープパスタ」なんてふざけた商品が目に付いた。回転すしチェーンの乱心っぷりはもう慣れてきたので、意気揚々と注文する。

パスタ380円

 寿司を食べに来ている気持ちだとスープパスタは注文できない。1皿100円で色々食べるぞ~という気持ちでもこの価格では4皿分も消費してしまう、注文はできない。特に寿司の気分では無いけど友人がはま寿司に行きたいと駄々をこねるので仕方なく来た、そんな気持ちで無いとこのタッチパネルは押せない。それぐらいハードルが高いのだ。
 そもそも寿司とクリームパスタが合うとは思えないので完全に別方向の思考が必要になる。
濃厚クリームスープパスタ 近所のはま寿司は汁物サイドメニューは席まで持ってきてくれる。席で醤油のボトルを並べて写真を撮っている所に持ってこられたので非常に気まずい。
 クリームスープパスタ、見た所は普通に牛乳で作られたクリームシチューの薄いバージョンみたいな感想である。
濃厚クリームスープパスタ 食べてみた感想も見たまんまの味である。箸で食べろ、とメニューには書いてあったのだがパスタを食べ終えるとほとんどスープが残るという仕様だ。しかし、このスープ部分にぶちこまれた小さいベーコンがなかなか美味いのだ。謎のクリスピー感がある。寿司には全く合わない。

個人的醤油ランキング

はま寿司 醤油 九州甘口さしみ醤油 > はま寿司だし醤油 > 北海道日高昆布醤油 > 関西風甘口醤油 > まろやかぽんず

 時代は九州甘口さしみ醤油!


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」