カップヌードル抹茶と同じくどん兵衛のすき焼き味が発売されているというので昼飯に食べようと思って探しに回った。カップ麺は普段なかなか見ないので自分の中で新商品だらけである。とりあえず目当ての「どん兵衛すき焼き」は目立つ所にあったのだが、周りにも美味そうなカップ麺があったのでついつい買ってしまった。甘いきつねに厚切太麺濃いつゆ肉そばである。もうネーミングだけで厚切で太麺の濃いつゆの肉そばで優勝である。

日清 どん兵衛すき焼き

どん兵衛すき焼き どん兵衛の事を確認しようと公式サイトを読みに行ったら、あまりのサイコさに驚愕してしまい何も確認できないまま書いていく事にした。じゃぱん♥ぬーどるずトリオの1種らしいが、トリオというぐらいなので抹茶とすき焼き以外にももう一つあるという事だ。結構探したのにコンビニで見つからなかった「UFO梅こぶ茶」らしい。
どん兵衛すき焼き 特筆すべきは中に入っている具の大豆ミートである。いわゆる大豆たんぱくで作られた肉のような物体である、将来ホンモノの肉が高騰し我々が普段食べる肉は全てこの加工肉になるのだ。
どん兵衛すき焼き すき焼き味は液体つゆ仕上げタイプなのでより自然な味である。甘辛いというよりはかなり味が濃い。気になる大豆ミートの味は何かショウガのような後味を残しつつ、元から味が付けられているような感じである。どん兵衛きつねうどんのAGEに味が付いている感じである。

東洋水産 マルちゃん甘ーいきつねうどん

マルちゃん甘いきつねうどん 赤いきつねがピンクになったバージョンである、甘いらしい。最近のふざけたカップ麺ラッシュから見るとインパクトは薄い、東洋水産的にあまり冒険はできないので甘くする程度にしておこうといった裏事情が垣間見える。中身的には普通の赤いきつねに「甘いつゆ」が付いたぐらいである。
マルちゃん甘いきつねうどん この甘いつゆを単体で舐めてみると完全にみたらし団子に掛かっているタレの甘さである。実際に全部混ぜてしまうと
特に甘くない
、というか最近普通の赤いきつねを食べて無いのでノーマルからどれぐらい甘くなったのかの判断が全くできないレベルである。みんなが一度はやった事があるAGEにダシを吸わせてそれをスポンジのように吸い取ってAGEのミイラを作り、またそのAGEミイラにダシを吸わせるルーティン。それを行って初めて甘さを認識できるぐらいである。

 甘いきつねがあるのなら苦いたぬきもあるのでは無いかとコンビニを探し回ったが見つからなかった。

厚切太麺濃いつゆそば

厚切太麺濃いつゆ肉そば まず4音が4連続するといったリズム感の良さが購入意欲を引き立てる。アツギリ-フトメン-コイツユ-ニクソバとなんらかの呪文もしくはプリペイド式電子マネーのコードのようである。基本的にうどんよりそばのほうが好きなので購入した。
厚切太麺濃いつゆ肉そば スープがジャンキーなもので固められている、チキン・ポーク・カツオ・昆布・ラード・ゴマ油。具として揚げ玉や輪切り唐辛子がぶち込まれている。太麺にばかり気を取られてスープに油断すると唐辛子で咳き込む事になる。全体的なスープの味としては「どん兵衛すき焼き」のほうが美味い印象なのだが、こちらはより油っぽいジャンキーさなので人によってはこちらのほうが好みかもしれない。


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」