大阪堺の中央環状線沿いに大起水産の本拠点がある堺中央総合卸売市場がある。たまたま中央環状線沿いで昼食を探していた時、くら寿司が満員だったのでその向かい側にある大起水産でも覗きに行こうかなと思い中央卸売市場に寄ってみた。すると何やら市場のほうが盛り上がっているわけで、近寄って見ると「夏祭り」の3文字が書いてあった。確かに世間では連休中なので、そういうイベントかと思って物色する事にした。

何かと安い海鮮物

 海鮮汁にうなぎ肝吸が100円である。だし汁に具を入れるだけなのだが、100円と言われるとついつい買ってしまいがち。
 うなーぎーの骨やキモを揚げたものが入っている、味はほとんどネギとだしの味である。

うな肝串

 行ったのが昼過ぎだったので串焼きも全部100円にしてくれた。うなぎの肝串は苦味が美味しかった。

本まぐろプレミアム握り

 大トロ、トロ、中トロ、赤身の握りが全て1貫100円という祭りをやっていた。かなり行列ができていて、ずっとマグロを握っていた。購入制限などは設けられておらずに好きなだけ買ってもいいらしい。しかし、一つ疑問があるとすれば「トロ」という部分である。大トロと中トロは知っているのだが、この「トロ」というのは一体どういうランクなのだろうか。POPに書かれている順番としては大トロ⇒トロ⇒中トロの順番なのだ。

 これが大吉、吉、中吉と考えればトロという部分は中トロよりも上なのではないかとも考えられる。トロの半分の価値で中トロという捉え方だ。などと考えていたら列の先頭に来ていた。目の前で大トロが売り切れていた。まじかよ。

 ちなみにこれがトロ、中トロは写真を撮る前に食べてしまった。ウンメェ~~!!

堺中央総合卸売市場の祭り

 うなぎ丼が500円でこのボリウム。

 どうやら春、夏、秋、冬にやっているらしく。次は事前に調べていきたいと思ふ。


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」