パソコンがハロウィン向けの資材で埋もれていたので久しぶりに発掘した。今日は13日の金曜日ということで、くら寿司のメニュー更新日である。最近は特に目玉になるようなメニュー更新はなかったのだが、今回はなかなかヤバイ雰囲気が漂っている。秋の味覚に紛れてホラーハロウィンメニューなるものが出現している

 黒いメニューに紫のソースなど回転すしチェーン店ではわさびなすぐらいしか思いつかないカラーリングで圧倒的な存在感を出している。消えるお化けの黒カレー、魔女の海老マヨ、魔女のはぐきアイス、恐怖の目玉ムースと4種類である。あいかわらず寿司要素はゼロである

綿菓子を使った消えるお化けの黒カレー

 黒カレーに紫ソースが掛かったご飯、ご飯の上にはお化けと称した綿菓子が乗っている。この綿菓子をカレーにぶち込むとお化けがカレーの香辛料によって死滅する、死滅したお化けは甘いので混ざることによって甘口カレーになるという寸法だ。メニュー写真よりお化けの量が多かったのでかなりインパクトがデカかった。紫マヨネーズソースも美味いので当たりである。見た目以外は。

魔女の海老マヨ

 くら寿司の海老マヨは美味いのだが、なかなか値段的に注文する機会が無いのでこうやってハロウィンメニューになってくれると注文する動機が生まれて良い。注目の紫ソースだが、紫キャベツを使用した特別なマヨソースらしい。ちなみに何かとんこつラーメンのスープを濃くしたような味なのでジャンキーである。変な味ではない分、色で損をしている。サクサクで美味い。

恐怖の目玉ムース

 寿司屋で目玉といえばマグロの目玉煮とかが好きなのだが、これはデザート系のムースである。インパクトよりもこの赤いえくぼ皿に乗って届くせいで、肝心の血のようなイチゴソースがあまり映えないという点が残念である。普通に食べようとすると中身が溢れ出してなかなかグロテスクなので一口で食べよう。

魔女のはぐきアイス

 250円となかなかな強気設定のはぐきアイス。ラズベリーアイスの下の黒色のアイスが最後まで何味なのか不明だったのだが、アイスケーキのようで普通に美味しかったのが衝撃的である。ちなみに来店して一番最初にこれを食べた。

くら寿司でこれほどまでにハロウィンメニューできるとは

 黒カレー全マシ状態である。ビジュアル的にすごくハロウィンしている、バイ〇ハザードコラボメニューだとか言ってもワンチャン通りそうな所が良い。ちなみに撮った時は良かったのだが、完全に食べている間は地獄のようであった。特に目玉ムースが崩れ始めたあたりからは……
 お化けに黒カレーを掛けると消えるどころが毒素に侵食されていくようなビジュアルである。どんどんと腐食していく。目玉を潰したあとは紫と黒と赤が入り混じった若干食べるのを躊躇するような見た目になっていた。ちなみに全部混ぜても普通に美味しかったので是非とも試して欲しい。カレーと海老マヨが実に相性抜群

そういえば海鮮ユッケの中身が変化していた

 並べてみるとハロウィンメニューに見えてくる不思議。記録のためにUPしておこう。


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」