ハロウィンでなかなか奇抜な寿司(寿司ではない)をぶつけてきたくら寿司、回転寿司ハロウィン勝負では圧勝と言っても過言では無いだろう。そんなくら寿司が今回発売した新商品、その名も「竹姫寿司」だ。専用の竹型容器を使った寿司は5種類各100円と手軽な感じが良い。

かぐや姫を求める現代

 くら寿司のページを見てみると「時代がふたたびかぐやを求め、今天空から舞い降りる」とやばそうなメッセージを発信してくる。ついにくら寿司もオカルトの範囲に手を出してきたかと思えるぐらいである。まぁそもそもかぐや姫という作品自体がオカルトじみているわけで、かぐや宇宙人説など様々な方面に派生する。執筆者も不詳ということで誰がこの話を作ったか、などを考えると面白いだろう。特に月に帰っていくという描写は……

 と考えているうちに5種類の竹姫寿司が揃った。中身はエビマヨ、いくら、まぐろたたき、まぐろユッケ、白子ポン酢ジュレと至ってノーマルな内容である。どうせなら笹で包んだ押し寿司とか、竹を食べさせて育てた竹ブリとかそこらへんの意味のわからない方向を期待していた。

 サイズ的には1貫ぐらいの量なので普通に寿司を食べたい人はノーマルなネタを頼むほうが良いと思われる。竹型容器のインスタ映えを狙っているとしか思えない、ちなみに白子ポン酢ジュレだけは何か美味かった。

フェア後の新商品

 前から〇〇フェアの後も売れ残っている商品がひっそりとメニューに残っていることがあったが、今回は残った材料を組み合わせた新しい商品が出ていた。ハロウィン記事でも推していたあの黒カレーもノーマル版として売っている
 綿菓子を入れるコーヒーである「コットンコーヒー」や目玉として売っていたムースは「イチゴムース」として登録されている。どうみても目玉にしか見えないがイチゴムースである。言い訳ができなかったのか魔女のはぐきアイスに関しては歯茎アイスとして売っていた

 シーフレークサラダなんてあったっけ?
 フローズンコーラ苺なんていうシャリコーラかき氷の名残みたいなのもある、もう寒くなってきたのでギリギリでは無いだろうか。

シャリわんこのビッくらポンしたい

 調整中というプレミア演出で来店即当たりでした。どうやらトラブルがあった時はカプセル貰えるのと同じで、店による可能性が高いですがメンテ中に来店するとカプセルが貰えるとの事。


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」