大阪は食パン専門店が地味に多くある。一店一店がそこそこ離れているのだが、数にすると結構なものになるはずだ。
 そもそも食パン専門店というものがちょっと前からだいぶメジャーなものになってきた。朝食はパン派の数が多くなったのか、美味しい食パンに価値を見出す人間が多くなったらしい。お前は今まで食べた食パンの数を覚えているか。
 そんな訳で美味しい食パンが美味しいジャムと共に食べられるカフェがなんばに出来たらしいときいて行ってみた。

小汚い路地に現れるシャレオツ空間

 場所はなんばシティ南館の吉野家の前らへんの小汚い路地だ。SEGAのゲーセンのとこの路地と言えば分かる人には分かると思うが歩いて数十秒でオタロードがある地点だ。そんな場所に美味しい食パンが食べられる店があるのかと思いながら進んでいくと突然に道の空気が変わる。

 目の前に神々しく現れたシャレオツカフェ。これが今回の目的の「&jam」さんだ。ここは向かいの高級食パン専門店嵜本(さきもと)のパンと&jamのジャムを楽しめるカフェだ。二人掛けのテーブルが5つの計10席。なんかめちゃくちゃオシャレな空気である。隣のカードゲーム店とのコントラストの差に目が潰れそうだ。ちょっと先にゲーマーズがあるとは思えない空間である。

メニュー


 ここで食べられる食パンは二種類。「極美”ナチュラル”食パン」と「極生”ミルクバター”食パン」の二つ。向かいの高級食パン専門店嵜本の食パンの種類がこれから先増えていくのでここで食べられる食パンも増えていくかもしれない。
 極美”ナチュラル”食パンがどんな食材ともオールラウンドに相性のいい食パンで極生”ミルクバター”食パンがそのまま食べたい、何もしなくてもおいしい食パンらしいのでとりあえず、より高級な極生の方を選んでみた。食パンはトーストするかしないかを選ぶことが出来る。トーストしてもらう。
 さらにジャムを三種つけたり、ジャム三種+エシレバターをつけたり、エシレバターだけをつけたりできる。今回は極生+ジャム三種+ドリンクの組み合わせ。これで税込み880円。ドリンク抜きなら500円ぽい。
 またジャムの種類もすごい。全部で3タイプ。フルーツベース5種類、ミルクベース7種類、和風4種類の全部で16種類。単純計算3360通りあるということだ。チラシ曰く、フルーツとミルクの組み合わせがいいらしいが、趣味にのっとり、アールグレイ、ミルク、抹茶の三種類選んでみた。

実食


 容器もシャレオツ。基本的に食べ方が汚いのでこういう容器は妙に緊張する。
 味はやはりそこらへんの食パンとはかなり違う。まず、食パン自体が何もつけてないのに甘みに溢れている。それから、食感が違う。水分が多く、もちもちしているのがよく分かる。
 ジャムはかなり甘め。とくにミルク味は濃い甘さなので、食パンにつけるとコーヒーが飲みたくなる。逆にアールグレイはしっかりと紅茶の味が感じられ、紅茶好きならおススメしたい。抹茶は単品で食べるよりもミルクと混ぜた方が美味しかった。
 全体的に女子向きな味と言っていいだろう。でも、疲れた時に食べるとちょうどいいかもしれない。

&jam
住所:大阪市浪速区難波中2-2-6
営業時間:7:00〜19:00(カフェラストオーダー フード18:00/ドリンク18:30)
定休日:不定休
TEL:06-6634-6600


向かいには高級食パン専門店嵜本がある。二斤サイズ900円。