くら寿司が3月16日から新しいメニューを出してきた。なんでもスパゲッティとラーメンを混ぜた「スパらッティ」というものらしい。ファミレス客を獲得しにいくという戦略らしいが、私から見れば完全に迷走な気がする。ついでに少し前に話題になったかっぱ寿司のハンバーグに続いて、くら寿司もハンバーグ単品メニューを展開してきた。今回はこの2つの本格イタリアンを食べてみたいと思う。

 前までの近所のくら寿司なら金曜20時は待ち時間が無かったのだが、予約がしやすくなったのかくら寿司ファンが増えたのか21時ぐらいまで混雑している。席に着くなりスパらッティとハンバーグを注文。回る竹姫寿司を見ながら時間を潰す。

かっぱのハンバーグと比べると……

 注文してすぐに届く、少し前にかっぱのハンバーグも食べているので比べてみようと思う。まずは値段だが、くら寿司が250円、かっぱ寿司が390円と結構な差がある。くら寿司のハンバーグは付け合わせにブロッコリー2つという少し寂しいものである。

 くらバーグは中にチーズが入っているバージョンである。この1種類しかラインナップされていないのでチーズが苦手な人は気を付けよう。写真で見てもわかるようにチーズとハンバーグに一体感が無い、チーズインハンバーグに求められるのは一体感であるわけで溶けすぎたチーズでは今一つである。

 気になるのは味だが、残念ながらくら寿司ハンバーグは☆2ぐらいである。これではハンバーグを売りにしているファミレスには到底勝てそうにない。かっぱ寿司のハンバーグと比べても負けているといった感想である。あくまで感想である。絶妙に糖質オフな気もするのでそういう路線かもしれない。

 残ったソースにちょっと前のメニュー更新で増えた牛すじコロッケを入れると洋食の味。

カルボナーラ スパらッティ

 ほぼほぼラーメンスタイルで到着したスパらッティ、香りはカルボナーラである。普通に7種の魚介ラーメンの派生系かと思ったが、麺がしっかりとパスタになっている。

 カルボナーラに胡椒を多めに入れたような味だ。思いのほかスープパスタという印象が強い。しかしながら回転寿司チェーンのラーメン系は量が少ないのでがっつり食べたい私のような人間にはもう少し量が欲しい、できたら替え玉システムが欲しい。ちなみに「スパらッティ」と「ハンバーグ」と「寿司1皿」で税込み777円である。縁起が良いので狙ってみよう。


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」