無印良品という名のブランド、昔は玄人志向みたいなブランドロゴとかは必要なくて良質な品が欲しいみたいな人向けだった気がする。そんな無印良品が前からカフェ事業に参入していたのは知っていたのだが、どうやらついに「食べ放題」という魔法のキーワードを使いだした。それが大阪・堺北花田イオンモール内に新しくできた無印良品にあるという。早速「食べ放題」という呪文に釣られてCafe&Meal MUJIイオンモール堺北花田店に行ってきた

 そもそもこの堺北花田イオンモールの無印良品は私のイメージしていたボールペンやノートに無印良品って書いているだけの無印ではなく、もう何でも揃うスーパー状態で売っているものも無印良品とか関係ない。鮮魚や野菜に力を入れまくっているという10年前の自分に言っても信じて貰えないだろう光景である。この無印内にはまさかのフードコートまで完備されていてイオンモールの中に無印モールがあるレベルで設備が整っている。

食べ放題、控えめの1300円

 ハーフビュッフェというだけあってメインの料理やドリンクなどは別料金になっている。もちろんビュッフェ単体でも注文が可能なのでここは1300円のビュッフェ単体で攻めてみよう。イオンモール内の食べ放題価格を考えるとかなりお安い部類である。しかも税込み料金なので1300円ポッキリ

 ビュッフェ単体でも飲み物はこの「意識高い水」が飲み放題なので問題無いだろう。意識高い水は薄っすらとレモンの香りがする水である。


 気になるビュッフェ料理内容だが、ここは普通の食べ放題のようなジャンキーな物はほとんどない。大半が野菜である、サラダや根菜料理がメインである。ジャンキー寄りな料理としては個人的には「麻婆豆腐」「芋の煮っころがし」「小魚のエスカベッシュ」「プリンとパンを混ぜて焼いたヤツ」などであり、肉的な要素はほぼ無いと言える。

 目に付いた料理をお皿に盛っても何か意識が高いようになってしまう。普段の食べ放題ビュッフェスタイルならばほとんど茶色に近い皿が出来上がるというのに…… さすが無印こういう所でもオシャレ感を出してくる。食べ放題=NO健康なイメージを覆す青々しさである。ちなみに野菜類が嫌いなわけでは無いので普通に美味しかった。

体はジャンクを求める

 これね、グレープフルーツのシロップ漬けみたいなの。これを先ほどの意識高い水で1:1で割る

 美味い!!グレープフルーツジュース!!!

 これ芋の煮っころがしね、これ揚げ出し豆腐みたいな感じで衣があるの。この小麦粉を油で揚げた衣が唯一のジャンク救い。健康そうな「古代米」をお椀によそってさ…… 麻婆豆腐をかける。

 芋丼の完成!麻婆豆腐の辛味と揚げた芋のちょっとしたカリカリ感がご飯がすすむってわけさ!!

素材から工夫次第で楽しめる

 最初は「野菜ばっかりじゃん、健康になってまう」と不安だった私も、この芋丼とグレープフルーツジュースには終始満足である。次は無印スーパー内にあるフードコートに行ってみたいところ。


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」