奇抜なパッケージ、いなり寿司味というカップ焼きそばには見慣れない表記、心の中では「おっペヤングまた変な味出してるなぁ」という気持ちでいっぱいだった深夜のコンビニローソン。実際にお湯を入れて作り始めるまでペヤングだと信じて疑わなかったこのインスタント麺を今日は食べていきたい。

 完全にペヤングと化した一平ちゃん夜店の焼きそば(うどん)の実力はいかに……

さすが一平、マヨビームは健在

 そもそもこれがペヤングじゃないというのに気づいたのが開封時である。ペヤングの場合は包装フィルムを剥がすとほとんど同じ顔をしているのだが、こいつはペヤングと違って中も凝ってやがる。これは別に一平のほうが優れているというわけではないのだが、ソースのほかにふりかけやマヨビームが付いているのは食者としては少し嬉しい。

 具はいなり寿司らしく「あげ」オンリーである。こういうストレートな感じは好感が持てるだろう。さらに特筆すべきは付属のマヨビームであり、なんとこいつは「寿司がり風味マヨ」なのだ。わさびとマヨネーズなら組み合わせとしては見慣れたものだが、ガリいわゆる甘酢ショウガとマヨネーズである。寿司屋でも滅多に合わさる事のない、難しい応用寿司算数である。さらにイキな事にパッケージがバランの形なのがより寿司心をくすぐられる

うどんなので食べ応えGOOD

 そうこう言っているうちに完成したので食べていこう。カップ焼きそば(うどん)の一番のかなめであるソースは寿司味の通り、かなり酢を効かしたものとなっている。なんだったら調理中に湯気によって酢が上がってきてむせるほどである。まさに酢飯を作っているような感覚、すごいぞ一平(敬称略)。

 しかし、この一臭して不味そうな酢が料理として食べると美味いのは周知の通り。温かい料理に酢を使うと何やら中華風な味になりがちなのだが、これは和風を全力で吹かしている。トッピングの黒ゴマや薄あげと一緒に食べるとまさにそれはいなり寿司と言っても間違いではなく、なかなか完成度の高いカップ麺であった。ガリ風味マヨネーズはちょっと評価しづらかったのでここでは触れないでおく。そもそもいなり寿司にマヨネーズはかけねぇだろ!

 (いなり寿司が好物なため、全体に美味いバイアスがかかっております)


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」