DSC_0273

睡眠を改善するのは大変だ

 現代で良い睡眠を確保するのは難しい。というのも私達の生活には睡眠を阻害するもので満ちあふれているからだ。まず、何よりも光である。光と睡眠は密接に関係している。簡単にいえば明るければ人は起きやすくなり、暗ければ眠りやすくなるという仕組みに人間の体はなっている。
 しかし、辺りが暗くなったら寝る準備をするという訳にもいかないのが現代人である。夜になってもこうこうと明るいパソコンやスマートフォン、テレビの画面を見る必要がある。
 では、光と睡眠に関わる脳内物質をどうにかしたら自然な眠りに近づくことができるんじゃないだろうか?

メラトニンと睡眠

 光を浴びるとなぜ人間の意識が起きてしまうのかというと、それは脳内でメラトニンという眠りを誘うホルモンの精製と眠りが密接に関係しているからである。メラトニンが脳内にあると人は眠りやすくなる。光があるとメラトニンは精製されにくく、暗いとメラトニンの量が増えるので人は夜に眠るのだ。
 それでは、メラトニンを増やす為にはどうすればいいか?

トリプトファンサプリメントで自然な眠りを

 もしかしたら、メラトニンをサプリメントとして摂ればいいじゃないかと考える人もいるだろう。しかし、脳の手前には門があって決められた物質しか脳内に入れてくれない。その門はメラトニンを脳内に入れてくれないのだ。その為、メラトニンを作るための原料であるアミノ酸のトリプトファンを摂るのが一番手っ取り早い。

トリプトファンの効率的な摂取方法

 トリプトファンが脳内に上手く入る為の門は他のアミノ酸達も通ろうとするので空腹時に摂った方が脳内に入りやすい。また、出来れば午前中に摂取し、太陽光を浴びると良いだろう。太陽光はトリプトファンからメラトニンを作る助けとなる。そして、サプリメントというと水で飲むイメージがあるがジュースと一緒に飲んでも大丈夫だ。糖分があると脳内にトリプトファンが入りやすくなる。
 これでアナタも良い眠りを!


The following two tabs change content below.

阿久野

境界論を主軸に民俗学、錬金術、魔術、宗教学など。 ねこさんを崇めよ。