USJクールジャパン2017 1月13日~USJでユニバーサル・クールジャパン2017が始まったので、早速行ってきた。完全に私の趣味なのだが、これから行くかもって人や、なんか気になってる人もいると思うので役に立ちそうな事を書いておこうと思う。今年のクールジャパン2017はエヴァンゲリオン、ゴジラ、進撃の巨人、モンスターハンター、名探偵コナンの5つである。
 どのアトラクションが人気なのか、待ち時間はどれくらいなのか、そもそもどんなアトラクションなのか、など簡単に残しておきたい。
 私が行ったのは長期連休でも無い平日である。祝休日や長期休暇期間中などはかなり変わってくると思うので参考程度に役立てて頂きたい。

開園前

 ユニバーサルシティ駅には午前7:00過ぎに到着していたのだが、USJゲート前に並んでいたのは数える程度である。チケットブースなどはこの時点ではオープンしていないので、直接入れるチケットでない人は注意が必要だ、チケットブースでチケットを購入してから並ぶ事になる。
 8:00時点で各ゲート前に20人ぐらいだろうか、8:00を過ぎると一気に並ぶ人が増えた印象だ。オープン前に並ぶのならばできる限り8:00前に並んでおこう

 8:30時点でJTBのアーリーパークインが始まり、8:50にはパークオープンであった。だいたいいつもこれぐらいの時間に開いている。

まずはエヴァンゲリオンXRライドがおすすめ

 とにかくクールジャパン2017で一番何が人気かというと、やはりエヴァンゲリオンXRライドである。スペースファンタジー・ザ・ライドを使ったVRライドなのだが、スペースファンタジーと違って1台に2人まで(本来は4人)なので回転率が非常に悪い。オープンしてすぐに長時間待ちになるので、まずはここを抑えていこう。ゆっくり行きたいならば4Dシアター+エヴァンゲリオンXRライドがセットになった「エクスプレスパス2」を購入するのも手だ。しかし、3000円である。
 ここからは実際に私が見ていった順に書いていく。

エヴァンゲリオンXRライド

エヴァンゲリオンXRライド 開園直にエヴァンゲリオンXRライドまで走ろうかと思ったら、コミケスタッフの「走らないで下さい」といった幻聴が聞こえてきたため怪我をしないようゆっくりと向かった。スペースファンタジーと同じくライドに手荷物は持っていけないため最初から手荷物ゼロの状態を作っておいた。これでそのまま待機列に並ぶ事ができる。XRライドを頭の中で勝手にクロスライドと呼んでいたが、エックスアールライドである。

 シングルライダーは実施していないので、一人でも待ち時間がそのままである。スペースファンタジー・ザ・ライド最大の難所である写真撮影は無いのでソロでも安心していける。ソロの写真撮影もなかなか楽しいので、まさかあるのかなとドキドキしていた。
 進んでいくとVRゴーグルの説明が色々されるのでよく読んでおこう。前を向いた状態で付けて、バンドを調整して、ピントを合わせる。の3段階だ。

真ん中のダイヤルでピントを合わせる

真ん中のダイヤルでピントを合わせる

 VRゴーグルを付けた状態でのライドアトラクションは味わった事が無いのでなかなかドキドキする。ここでライド内容を説明するのはやめておこう。

 開園即で並んだ時点で45分待ち表示、ライド終了時点で9:28。実質25分ぐらいの待ち時間だったがちょっとずつ進んでいたため特に待ちを感じる事は無かった。

モンスターハンター・ザ・リアル

 9:30時点でXRライド60分待ち、4D(進撃)30分待ち、フライングダイナソー30分待ち
モンスターハンター・ザ・リアル 今日はクールジャパン目当てなので次はモンスターハンター・ザ・リアルに向かおう。普通に満喫するなら地味に空いているフライングダイナソーがおすすめである。フライングダイナソーは人によっては体力や精神力が結構削られるので午前中にいきなり行くと一日気分がダウン気味になるので迷うところだ。
 モンスターハンター・ザ・リアルは待ち時間はほぼ無かった。このモンハン・ザ・リアルについては深く述べない。端的に言うとCM詐欺である。前の進撃の巨人・ザ・リアルで味わった「お、おう、面白かったな」「うん、良かった、よな?」みたいな空気になることは間違いない。モンハンをアトラクションと捉えずに展示会場と考えればスゲーーー!となる。前のモンハン・ザ・リアルのジンオウガを眺めるのも良かったが、こっちはこっちでモンハン世界を体験できるといえばそれなりに楽しい。
 モンハンを終えた時点で9:44、次は進撃の巨人・ザ・リアルのため4Dシアターに並ぼう。

進撃の巨人・ザ・リアル4D

9:47時点でXRライド100分待ち、4D(進撃)50分待ち、フライングダイナソー50分待ち、ハリポタ50分待ち
進撃の巨人・ザ・リアル モンハンより先に4Dシアターに並ぶほうが良かったという感想。それでもまだ10時にもなっていないので、これぐらいの待ち時間ならすぐである。4Dシアターは1上映300人程度なので、タイミング次第で表示されている待ち時間よりもかなり早く入れる事も多い。進撃の巨人はむしろ鎧の巨人との写真撮影がメインだと思っているのでそっちも忘れずに行っておこう。ただしソロで行くと死ぬので気を付けよう。4Dシアター内容は伏せておく。
 終了時点で10:22、ゴジラ・ザ・リアルは同じ4Dシアターで14:20から切り替わるので一旦休憩である。

思ったよりも早い時間で回れた

 名探偵コナン・ザ・エスケープはソロで行って先に問題などを知ってしまうと今後行く機会があった時に残念なので保留。そもそもチケットがすでに売り切れていたので、事前に予約して買っておこう。これぐらいの速度で回れるのなら昼からの回が一番ベストかな。
 コラボフードやグッズを見回りつつミニオンのショーやらフライングダイナソーから聞こえる悲鳴を聞いてパークを楽しんでいた。<USJユニバーサル・クールジャパン2017、コラボフードの値段まとめ
 10:30時点 XRライド100分待ち、4D(進撃)60分待ち、ダイナソー60分待ち、ハリポタ70分待ち
 12:00時点 XRライド110分待ち、4D(進撃)40分待ち、ダイナソー70分待ち、ハリポタ60分待ち
 13:00時点 XRライド120分待ち、4D(進撃)40分待ち、ダイナソー40分待ち、ハリポタ40分待ち

ゴジラ・ザ・リアル4D

ゴジラ・ザ・リアル 13:20ぐらいからちょっとずつ列が出来始める。おそらく13:30ぐらいに進撃の巨人の待ち時間表示が本日終了になっていたので、そこから一気に列が増えた感じである。1上映300人と考えれば300人の中に入れれば良いのでタイミングを見計らおう、13:30ぐらいに並べば1回目は間違いない。
 13:40ぐらいに「心臓を捧げよッデレレンデレレン」とまるで壁の外にゴジラが攻めてきたような感じでBGMが変わった。今まで調査兵団だった人たちが一気に自衛隊ルックに着替え始めるのがなかなか面白かった。14:20からなので実質50分待ちと言った所か、この間列が進まないので結構暇であった。

 4Dシアター内容は進撃の巨人よりも面白かった。特に私は大阪が地元なので大阪の色んな地域をゴジラがぶっ壊しつつUSJで最終決戦をするという、ファンサービス旺盛な感じである。正直4Dシアター系なのにもう一回行きたいぐらいである。
 ちなみに終わった瞬間にREBOONパレード(14:30)が目の前で始まっているのでやはり初回はお得である。レッツ・リボォゥウン。
 

あくまで平日の数字である

 まだ修学旅行シーズンでもなく、卒業旅行シーズンでもなく、ほとんど外国からの観光客の込み具合なので比較的空いているほうであった。
 休日だともうちょっと待ち時間が増える。というか結構増えるかもしれない。
 


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」