関西中心のカラオケチェーン店「ジャンカラ」が最近なにやらおかしい方向に進んでいるという情報を得た。タイムライン上で見かけた「スケカラ」という単語、なんとスケートボード×カラオケという前代未聞の組み合わせである。

 そういえば前もボルダリング×カラオケとかいうボルカラに行ってきたんだった。このスケカラがあるのはスーパージャンカラ京都河原町本店、11月10日はオープニングセレモニー的なものもあるらしくちょっくら様子を見に行くことにした。ちなみに私は全くもってスケートボードに乗ったことがないド初心者である。

やりすぎ感がすごいスケボールーム

 OK、まずは入店前に怪我に関しての誓約書と緊急連絡先に署名する所から始まる。これはまぁボルダリングルームの時と同じく怪我などは自己責任というヤツである。自前のスケートボードを持っていないなら無料でレンタルしてくれる。

 スケボールームはとにかく金網で囲まれて設置された10mのランプが目を引く。ランプというのはよくスケートボードのトリックなどで使われる半円のヤツである。カラオケの部屋ですと言われても全然理解が追い付かない、カラオケいるかな???

 部屋の中にドリンクバーが用意されているというVIPなスタイルである。奥にはバーカウンター風のジャックダニエル照明と雰囲気ばっちりな席もある。

システムは貸し切りというわけではない?

 話を聞いてみると10日現在は通常のカラオケルームのようなシステムではなく、何人も入って譲り合ってプレイするといったスタイルである。後で書くが11月10日~23日まではこのスケボールームは無料開放しているのでその期間の様子を見て利用形態を決めていくそうだ、結構ガッチリ決まっているわけではなかった。話を聞いているとハードなユーザーのために月間会員などを用意する可能性もあるらしい、が詳しい情報は随時WEBで発表していくのでcheckしてくれという事であった。

無料開放はすごい

 オープン~23日の間は無料開放ということで、これ何がすごいかって追加料金が無料とかそういうのじゃないんですよね。もうそのまま無料で入れる、もちろんスケボーレンタルもできるし、ドリンクバーも飲み放題、カラオケもし放題。ジャンカラすごい。

 超かっこいいジャンカラのスケボーステッカーも貰えた。

怪我には注意しよう

 もうスケボーなんて初心者がやったらまず転倒は覚悟しなきゃいけないレベルなので、30%ぐらいビビりながらもちょっとずつ乗ったりこけたりを繰り返すわけですよ。ランプの端から滑り始めるドロップインっていうのができるとやっとスタートラインらしいのですが、平地で滑るのもアワアワする始末。

 結局10回ぐらい派手に転倒して足やら腕にダメージを受けた。一回後頭部も地面に当たったのでヘルメットを着用していて助かったぜ、ヘルメットは絶対に付けておこうと思いました。途中で外国人のスケボー持参の方が来てレッスンしてくれた、何やらトリックの基礎であるオーリーという技を教えてくれた。感謝である。

 ちなみにワイヤレスヘッドセットマイクを使ってカラオケを歌いながら滑ることもできるらしい。スケカラである。すごい想像しずらいビジュアルである。

オープニングパーティー

 お店入ってすぐの大画面ビジョンにスケボールームの宣伝みたいなのがあるが、この背景実はスケボールームの中継である。そんな事知らずに転倒シーンやらウワーーってなってるシーンがガンガン流されていた。

 夕方から行われたオープニングパーティーではスケボーがめちゃくちゃ上手い人達が集まってデモンストレーションを見せてくれたり、“京都のクラブシーンでそれぞれ活躍していたラッパーやDJが集まり、2012年に結成したクルー「DCA」”(ここまでコピペ)がライブパフォーマンスを魅せてくれたりとなかなか濃い内容であった。ちなみにこのパーティー、アルコール飲み放題だし、次々と飯やらのプレートが出てくるという太っ腹ぷりである。ジャンカラは京都河原町が本拠点らしくすごいパワー。ちなみにこの日ジャンカラに一銭も払っていないという…… 普段から半額デーにヒトカラばっかりしてすまないといった気持ちでいっぱいだ。

ジャンカラの今後

 オープニング日ということで凄いジャンカラの偉い人が集まっていたらしく、色々と話を聞くことができた。結論から言うとジャンカラはこれからも〇〇(スポーツ系)×カラオケというジャンルを開拓していくらしく、楽しみにしておいて下さいといった感じだ。パターゴルフ×カラオケだとかビリヤードだとか話していた。え、カラオケいるかな???

スケカラ公式WEB → http://jankara.ne.jp/sukekara/
オープニングを盛り上げてくれたD.C.A → http://www.d-c-a.jp/


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」