gf01a201304151200

こんにちは、KOBAYASHI。

さて、いきなりだが「オカルト」とは何だろう。wikipediaにはこう書かれている。

ラテン語: occulere の過去分詞 occulta(隠されたもの)を語源とする。目で見たり、触れて感じたりすることのできないことを意味する。そのような知識の探求とそれによって得られた知識体系は「オカルティズム」と呼ばれている。ただし、何をもって「オカルト」とするのかについては、時代や論者の立場等により見解が異なる。

この便利な言葉「オカルト」は今では様々なジャンルで使われている。

 

オカルト的なキーワード

UFO、エイリアン、NASA、エリア51、幽霊、怪談、霊能力、超能力、未解決事件、暗号、遺跡、オーパーツ、魔術、予言、疑似科学

どれもこれも好奇心や知的探求心をくすぐられるキーワードだ。

私はオカルティックパワーがそれほど高くないので各ジャンルについて詳しいわけではない。

テレビや雑誌、Webニュースなどでたまに耳にする程度だ。

しかし、気づけばそこからさらに細かく調べ始めたりすることになる。

私にとっての「オカルト」とはそういうモノなのだ。

 

これからのオカルテック

知識を探求することに終わりはない。

このブログでは日常生活で見つかるオカルトな一面を報告しつつ、皆さんと知識を共有していこうと思う。

 

画像 Ⓒ deathRS5


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」