糖質制限ダイエットで一番面倒なのは外食の付き合いである。同じダイエット仲間や筋トレマニアとならばコンビニのサラダチキンを食おうぜ!となるのだが、どうしてもそれ以外の人と飯でも食いに行こうとなるとお店選びに困るものだ。かといってダイエットしていない人が気を遣って店を妥協してくれるのも精神的によくない。

 となると初めから糖質が無さそうな店に行けば良いわけだ。一番のおすすめは「焼き鳥屋さん」であるが、どうしても居酒屋というイメージが強い。となるともう焼いた肉しか無い、焼いた肉ならジャンキーさも感じられるため誘いやすい。そこで大阪・我孫子にある「肉のオカヤマ」である。ここは精肉店なのだが、なんと店の前にバーベキュースペースが用意されている。お店で買った肉をその場で焼けるのだ、しかも追加料金など掛からない!

 実はかなりのリピーターで糖質制限中もよく行くのだが、最近4月からついにBBQスペースが予約可能になっていたので紹介しようと思う。

お店名 肉のオカヤマ直売所
場所 大阪・我孫子
価格 1500円~3000円ぐらい
32人(4人テーブル席が8卓)
駐車場 無料駐車場あり(10台ほど)

入店


 まずは入口でBBQの受付をしよう。新しくなってから席は90分制になっている、といっても区切りの良い時間からカウントしてくれるのでそこまで急ぐ必要は無い。初めて利用する場合は店員さんがシステムを丁寧に説明してくれる。最初に取り皿、お箸、お茶、トング、肉切ハサミ、薬味(にんにく、わさび、コチュジャン)などを受け取って受付した席に置いておこう。ほうじ茶がキンキンに冷えているので美味い。

肉を買いに行こう

 店内は肉屋である。一部BBQに使えない肉(細切れ)などもあるので注意が必要だ、わからなければ店員さんに聞いてみよう。ウインナー(チョリソー)や牛丼、ローストビーフ丼、ぼっかけ丼などがおすすめである。BBQとは関係ないが「牛のさいぼし」という牛肉が美味い。

 一見そこまで値段が安いようには見えないが、1人前というわけではなく100g単位の価格なので実は普通の焼肉屋より多い。値段は変動するが、解像度マックスで置いておくので画像を拡大していただければ大体の値段が確認できると思う(クリックで画像ファイル)。ちなみに行った日はレバーが100g100円というスゴイ値段だったので売り切れていた。おすすめはミックスホルモン398円、ハラミ598円

席でBBQ開始

 席はこんな感じ。半屋外だが夏はカーテンみたいなのが閉まってエアコンがかかる。
 席の横に調味料やチャッカマンがある。ちなみに飲み物は入口カウンターで生ビール、あとは店内に自動販売機がある。

焼いていこう

 チョリソーが美味い、ちなみにこのチョリソーはかなり辛い。赤身ロースなども美味いのだが、せっかくBBQの網で焼けるので普段フライパンやホットプレートでは調理しずらい脂たっぷりの部位を焼いていこう。カルビやホルモンなどが余分な脂が落ちてイイ具合である。
 肉だらけで苦しい、ベジタブルファーストだろという人はBBQカウンターにサイドメニューが購入できる。コールスローサラダという名の千切りキャベツ山盛りがおすすめである、これをご飯の代わりに肉を食べると健康的である。他にも唐揚げや一口カツなどの揚げ物メニューやソフトクリームなどもあるのでBBQだけでなく色々用意されている。

後片付けはセルフ

 BBQが終わった後はゴミを自分で後片付けをしよう。BBQスペースが無料で使えるのは皆さまのセルフサービスのおかげです。といった感じだ。食べている途中でも空いた容器から捨てていくと最終的な後片付けは楽である

選ぶ肉次第だが安くつく

 ホルモンやレバー、(昔はあったのだが)豚の厚切り味噌だれみたいなのを食べるとかなり安くつく、飲み物を注文しない分だろうか。何故か大人数で行くほど一人あたりの金額が安くなるのが面白い心理である。A5ランクのステーキ肉を5cm厚でカットしてもらったりすると軽く万を超える。

 最近はいつ行ってもBBQスペースが空いているイメージだが、予約も可能になった事でより行きやすくなったといえる。ヤッター。


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」