dsc_1002.jpg 家から一番近い回転すし屋がスシローなので何かあればちょくちょく見に行ってしまうのだが、残念ながら今やっているのはかにフェアである。私は甲殻類が大好きなわけではないので特別惹かれるわけではないこのフェア。それでもどんなものかと気になるのは仕方無い性(SAGA)と言える。
 スシローアプリでメニューをチラ見していたらカニ身とかよりも魅力的な商品名を見つけてしまった、その名も「メキシカンえびアボカド」。
 ちょうどすき家のアボカド牛丼が終了してメキシカンな味が欲しかった所にベストポジションを見つけたかのように滑り込んできた。
 タコスとかサルサソースとかが好きな私はすぐさま携帯アプリから予約をしたのだ!

 

かにフェアも楽しもう

 なんでも食べずに文句を言うのはやめよう、ということでかにフェアの商品もついでに食べてきたぞぅ。
 といっても一番メインの生本ずわい蟹は何故か注文を忘れていた。私の味覚はお子様である、あまりシブい味は理解できないのだ。

とろ~りカニクリームコロッケ

dsc_1005.jpg まずはこのカニクリームコロッケで攻める。寿司の最初はさっぱりしたモノから入るのが基本だ。
 揚げたてなのだが、やはりこのデカさ故か中心のほうは40度ぐらいであった。もう少し時間が経てば余熱で温まる感じである。

dsc_1008.jpg さっぱりしている

新味!濃厚かに味噌ラーメン

dsc_1003.jpg 西京みそ仕立てのスープに蟹ボディと蟹アームと蟹ブレインが入っている。
 濃厚エビ味噌ラーメンと比べてみるとこちらのほうがあっさりしている。ボディやアームは小さいのでほとんど出汁用だろう、それでも中身を食べる事ができる。
 どちらかというとラーメンというよりは味噌汁として食べるほうが美味しい部類かもしれない。
 

きた、メキシカンえびアボカド

dsc_1002.jpg さて、そろそろ文字通りのメインディッシュ「メキシカンえびアボカド」の出番である。
 いわゆるアボカドえび軍艦にトルティーヤ・チップスを砕いてトッピングした物である。写真だけでは味はイメージし辛いかもしれないが、トルティーヤ・チップスの味付けがほとんどであり。えびやアボカドの存在はほんのりとしか感じられない。

 この上に乗せられたトルティーヤ・チップスは「ドンタコス」や「ドリトス」ほど味は濃くない。どちらかと言えばコストコなどに売っているほんのり薄味のトルティーヤ・チップスである。回転すしではなかなか味わえない「ザクザク」という感触が味わえる
 是非とも食べて欲しい。

 

懐かしさがわからないりんごアイス

dsc_1009.jpg 懐かしのメロンアイスはまだ理解できたが、りんごアイスに懐かしさを感じないのは何でだろう。
 というか存在したのかすら謎である。


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」