dsc_0163.jpg 最近インド・ネパール料理にハマっていましてスシローをないがしろにしておりまして、懺悔の気持ちで閉店ギリギリに行ってきました。
 気づけば「まいどポイント」とかいう来店ポイントシステムも全国で始まっておりまして、店舗数も劇的に増えるらしいので目が離せません。

 

まいどポイント

 なんと来店回数に応じてランクが上がっていく。
 鉄火巻き(2回)⇒軍艦ねぎ鮪(4回)⇒漬けまぐろ(6回)⇒赤身(12回)⇒中とろ(24回)という風にランクが分かれている。
 このランクはアプリ画面にいつでも表示させる事ができる、つまり他人にスシロー信者度を見せつけられるのである
 おそらく48回来店で「大とろ」ランクが解放されるであろう、これはもはや1年間で換算すると毎週1回はスシローに行けという事である。

 おまけで割引がある。

 

後追いのローストビーフ寿司280円

dsc_0160.jpg スシローがローストビーフ寿司を出してきた、その名も「ローストビーフマウンテン」280円。
 天保山クラスのマウンテン(ローストビーフ5切れ)に、オニオンスライス、ヨーグルトソースがかかっている。
 見た目どおりの美味しさ(意味深)であり、私はこれで十分満足したのでもう二度と注文する事は無いだろうという感想である。

 

鯖系カレーつけ麺360円

dsc_0161.jpg つけ麺は夏だけと思いきや、カレーをプラスして帰ってきていた。しかも、「締めのシャリ」という物体まで付いてきている
 締めのクセに上にドドーンと乗っているシャリマシーンから直接出てきたシャリが非常に邪魔である。下手に食べるとシャリが崩壊してしまい、最悪まぜそばになるだろう。

 このカレーつけ麺、よく見るとつけ麺(100円)の上にチャーシューねぎまみれ(100円)を分解して乗せているだけではないか!
 カレーつけ汁の部分はそこから数学的に考えて160円という事になる。この魚粉をぶち込んだカレーに160円の価値はあるのか?

 ある!!
dsc_0162.jpg こいつは魚粉っぽい鯖のほぐし身っぽい何かがザラザラしていて実に美味い。
 つけ麺よりも締めのシャリのほうが美味しかったぐらいである。是非ともつけ麺替え玉(100円)を注文するならカレーと相性抜群な海苔が使われた軍艦巻きを注文していただきたい。おそらく「まぐたく」あたりがこの鯖系カレーにマッチするのでは無いかと考える。

 K寿司のシャリカレーのストレートにシャリに合わせたカレーでは無いが、微妙に寿司っぽさが残るカレーである。
 つけ麺だけに留めておくのはもったいないだろう。


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」