キューピット
 関西地方限定なのかもしれないが、喫茶店にキューピット(”ド”ではない)という飲み物があるのを知っているだろうか。
 喫茶店がまだゲームテーブル設置や深夜営業などをしていた時代にひっそりとメニューに載っていたオカルト的メニューである。
 少し前たまたま寄った喫茶店で「キューピット」の名を見つけたので、ちょっと飲んでみたくなったのだ。しかし、その空間は大人の「確実にホットコーヒーを注文しなければいけない場」であったため、ずっと心残りになっていた。

 

カルピス+コーラである

 中身は至って単純だ。カルピスコーラである。
 調べてみたところレシピは色々あるようだがカルピス1:コーラ5の配分がメジャー。氷はクラッシュドアイス、仕上げにレモンの輪切りをのせるレシピもあった。

 Wikipediaではプース・カフェスタイルといった「比重の重いものを下にし、色の層を作る手法」で作るとあるが、私の記憶のキューピットといえばコーヒー牛乳(もしくは雨が降った後の運動場の水溜り)みたいな色になっている。

 とにかくこのキューピットは甘い。
 カルピス原液+コカ・コーラである。もちろんドリンクバーで作るよりも糖撃力(とうげきりょく)が高い。

 

糖質オフしかない

tousituoff
 行き着いたのがこれだ。

 ・糖質60%オフのカルピス原液(カロリーハーフから10%進化してた)
 ・ウィルキンソン・ドライコーラ

 これをビルドする。

仕上げにミックスベリー

dsc_0628.jpg
 ここで唐突に最近ハマっているセブンイレブンのミックスベリーの登場である。
 これは別にカクテルっぽくしなくてもいいと思った。
dsc_0632.jpg
 アイスの実(アイスの実と氷河期を生きた森林)とかいうのよりアイスの実しているのでおすすめだ。
 アイスコーナーというより冷凍食品コーナーにひっそりと置かれている事が多いので要チェックである。

 

そして糖質ゼロのキューピットへ

 わかる、まだ糖質はゼロじゃないといいたいのだろう……?

 カルピスにはゼロカロリーもある。ツウの間ではカルオア(カルピスオアシス)と呼ばれている商品だ。
 今年は『ゼロカロリーの「カルピス」すっきり』とすごく語感の悪い商品名で流通しているタイプである。

 こいつと前述したドライコーラを混ぜ合わせればゼロカロリーのキューピットの完成だ。
 「熱量ゼロ、天使は働かない ── キューピット・ニート」

00719_01la
 2年前ぐらいの夏にはカルオアの炭酸入りが売っていた。「カルピスオアシススパークリングウォーター」である。私はこれの復活を密かに待っている。


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」