ヘルシーつけ麺33
 ブログを尖らせていきたい!などと前回書いたくせに、今日もくら寿司の新メニューの事を書きたい小林です。
 今日は極上とろフェアに隠れてひっそりと追加された「ヘルシーつけ麺33」を紹介したいと思う。
 糖質制限ダイエット経験者ならわかる、この糖質0gという点。こいつは外食レストランとしてはなかなか画期的である。
 おそらく原料はおからとこんにゃくだと思われるので豊富な食物繊維も見逃せない商品だ!

 

平日限定である

 くら寿司の黒いお椀、いわゆる平日限定のかけうどんに使われるタイプのお椀で提供される。
 必然的に平日限定の130円(税抜)になる、すごい、安い。

 平日限定ということで早速昼飯にくら寿司に入店、即注文。
 オーダーレーンに乗って素早く届けられる、さすがくら寿司!
ヘルシーつけ麺
 糖質0g麺の平打麺と呼ばれる薄いきし麺のような麺だ、これにかなり濃い目のめんつゆが付いてくる。

 

味や満足度

ヘルシー麵リフト
 ツウっぽくまずは麺だけを頂いてみる。
 ズズッ、これはいけない。これは麺の風味を味わうようなものじゃない

 つけダレ(濃いめんつゆ)につけてもう一度。うま……くはない。やはりこうなるか。糖質0g麺にしては思ったよりもくっついていないし、パサパサしていない。
 麺の質感からしてこんにゃくというよりは、おからがメインのように感じる。
 
 その時、壮大な音楽と共に渋い声が聞こえた。
 「ヘルシーつけ麺……なんだこれは」「わさび、か!?」 脳内ボイス:北大路欣也

 そうだ、卓上わさびである。

 急いでわさびを付けて、ヘルシーつけ麺36(内わさび3kcal)にして食べた。これはすごい、麺の刺身のような感覚である。
 うどんは刺身だという言葉を聞いたことがあるが、まさにそういう風に味わう商品だった。

 

市販の糖質0g麺と比べてみよう

丸麺タイプ
 この平麺の形といえば知る人ぞ知る「紀文 糖質0g麺」である。かくいう私も冷蔵庫内の在庫を切らさぬようスーパーで買いだめしている。
 この写真は丸麺タイプだが、昔はヘルシーつけ麺33と同じ平麺タイプしか無かったのだ。
 こんにゃく麺はとにかく匂いがキツイので、さっと水洗いした程度では食べずらいものだが、紀文の糖質0g麺はそのままいける。

 栄養成分もカロリー35kcal、脂質1.4g、たんぱく質2.4g、炭水化物0g(糖質0g、食物繊維11.7g)となっている。
 おそらくくら寿司のヘルシーつけ麺も似たような栄養成分だと感じる。

 紀文の糖質0g麺(丸麺)タイプはこんにゃくのおかげか歯ごたえも楽しめる
 くら寿司のヘルシーつけ麺は少しボソボソとした感じである。

 

外食レストランで糖質制限

 今まで糖質制限ダイエッターが回転寿司なんかにいけば何も食べられない事のほうが多かった。
 私も実際に何回か行ったが、唐揚げやだし巻き玉子、赤だしなどしか食べれなかったものだ。

 糖質制限と外食の付き合いは相性が悪い、またダイエッター以外にも糖尿病なども関係してくる。こういった糖質0gメニューが増えると糖質制限中も回転寿司のお誘いを断らずに済みそうだ。

(次は「ビッくらポン!」は一人席のほうが確率が高い、皿の入れる順番に秘密アリ!?などと言ったふざけた記事を書こう。)




 おっ180日間、常温保存できるタイプの糖質0g麺なんてのもあったのか!


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」