11月の最終連休中、東京ビッグサイトで行われているイベントに用事があったのでちょっとした遠征をしていた。

 そういえば東京ビッグサイトがあるお台場周辺、大阪で言えばインテックス大阪があるコスモスクエアみたいな所なんじゃないかと思ったわけだ。調べてみるとしっかり釣りができるらしい、これはちょっと釣りするしかないと……

 最近持ち歩く用として仕舞寸法30cmのパックロッドばかり使っていたのでこういう時に持っていけるのはすごく助かりました。

西ふ頭公園というらしい

 ビッグサイト西館真横の海である。ここが西ふ頭公園と呼ばれる場所なのだか、昔のコミケで休憩に使った事があるぐらいだ。現在は新しい展示場の工事のため会場からすぐに行くことができなかった。

 釣り人が全く見えないので若干不安を抱えたまま奥まで進んで行くと工事中の展示場が見えてきた。ここまで来ると柵が無くなるので釣りやすくなるのだろうか、釣り人が見えてきた。柵がある所には釣りをする人たちへの看板があるので、ここで釣りはOKらしい。ひとまず安心。(柵の内側に入るのはダメとの事)

 一通り回って観察してみるとジグを投げている方やガチ装備で黒鯛を狙っている方、サビキのファミリーといろいろ狙えるようであった。

色々試してみる事に

 アジング用の2gまでのジグヘッド、3gのルアーなど色々試してみるがどうやら当たりは画像の3gバイブレーションのようだった。

 バイブレーションって何も釣れなくてもブルブルと竿に感触があって良いよね、みたいなノリで使っていたぐらいだ。

マナーモードのガラケアクション

 ブー……ブー……といった机に置いたマナーモードの着信みたいな感じでアクションを入れていく。多分ただ巻きでも問題無いのだろうが、なんとなくやりたくなってくるストップ&ゴーだ。

 するといきなりビビっと反応が、か弱いコンパクト竿がしなり、愛用のスピンキャストリールからドラグが鳴る!

 釣り堀で学んだ竿を”の”されないように魚を引っ張る感じでファイトだ、多分普通に巻いたら普通に釣れるのだがここは全力で楽しもう。途中魚が反転して横に走った時は再度ドラグが鳴るという絶妙にテクニカルな事をしている気分が味わえた。おそらくドラグ締めまくっていてもラインは切れなかったと思う

水は大阪湾より透き通ってた

 かなり良いサイズのサバだったのだが、残念ながらリリース。時合いなのかその後もアジ・サバが来るのだが、なんか持って帰るわけでも無いのに釣りまくるのは悪い気がしてノウサオ(納竿)

 水面を眺めてみると南港付近の大阪湾より透き通ってて底まで見える部分もありました。

 セミの鳴き声が大阪と東京で違うようにサバの横走りも東京のほうがパワフルな気がします、代わりに釣り上げてからのバイブレーション具合は大阪のほうが凄い!

 ともかくボウズでなくて何よりでした。


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」