日々新商品をぶち込んでくる回転寿司チェーン店、2019年は一体どんなメニューが飛び出すのかワクワクしている。そんな中、スシローが今月の太鼓判として様々な寿司以外のメニューを出しているという事で早速店舗に向かうことにした。

 何やら最近のスシローは麺類に力を入れているのか、ラーメンだとかまぜそばを頻繁に出してくるわけだ。回転寿司チェーンのサイドメニュー合戦も各チェーンともに長所を伸ばすスタイルが流行っているっぽく、私はスシローのラーメンをかなり評価している。少し前のこってりとんこつラーメンなんかはなかなか回転寿司らしからぬ味であった。

ブロッコリーサラダ

 回転寿司のブロッコリーサラダといえばどうしてもくら寿司をイメージしてしまう。ブロッコリー自体が栄養だとか低糖質ダイエットだとかで注目されている食材であり、そこまで主張しない味から寿司と合わせても箸休め的な意味合いでマッチしている。

 スシローもそこに目を付けたのかブロッコリーサラダを投入というわけだ。こちらはかにみそマヨネーズというトッピングである。くら寿司のブロッコリーサラダとはまた違った味であるが、スシローでの糖質制限メニューが増えたのが嬉しい人も多いのではないだろうか。

すし屋の揚げ出汁玉子

 揚げ出し豆腐ではなく玉子焼きを揚げている。元からスシローには玉子焼き(100円)があるので、それに80円追加した形である。80円で玉子焼きを揚げ出しにしてくれる。たったそれだけなのだが、これが微妙に美味いわけだ。

 揚げ出しと言えばどうしても豆腐をイメージしてしまうため、玉子焼きのはずなのに何か豆腐のような感触でフェイク料理を彷彿とさせる。ちなみにメインの出汁はむちゃくちゃ濃かった

すし屋のフィッシュ&チップス

 フィッシュ&チップスと言えばイギリスのファーストフードで、白身魚のフライとフライドポテトを盛った料理である。知った風な口を利いているが私も食べた事あるのはHUBのフィッシュ&チップスだけである。

 最初レーンを流れてきた時は一瞬「やべぇのが来た……」と思ったのだが、フィッシュ部分の重なりと角度の問題であった。とてつもなくデカい一つのフィッシュフライが載っているかと焦った。スシローのフライドポテトは回転寿司チェーンの中でも最強の部類に入るのでチップスのほうは安心できる。

 何の魚だろうか。フィッシュ&チップスに使われる魚といえば代表的なものはタラである。あの鍋に入れると美味いタラである。「すし屋の」なんて付いているので何か寿司ネタに使われている魚を使っていそうだが、食べた感じはタラである。まぁ私も揚げた魚の種類を完璧に当てる自信はまだ無いのだが、多分タラである。タラじゃなかったらどうしよう……

 HUBでフィッシュ&チップスを注文するとバルサミコ酢がついてくるのでいつも酢をかけまくって食べている。となるとこのスシローのフィッシュ&チップスは何か物足りなさが感じるわけだ。タルタルソースってわけでも無いしなぁ、と一口タルタルソースっぽいのを口にしたら「すし屋の」が理解できてしまった。

 このソースは間違いなくタルタルしているのだが、中に入っているのがガリである。生姜の酢漬けをぶち込んでいる。これは確かに「すし屋の」である。普通はピクルスなどが入る部分だろうから酢味に違和感はないがショウガの辛味がかなりいい味を出している。なかなか際どい所を攻めてくるスシローである。注文した途端に売り切れになったのでまさか人気なのか?

めんたいチーズまぜそば

 そういえば今日はまだ寿司を食べてないなぁと思ったので最後の締めにめんたいチーズまぜそばを注文した。こちらも新しめの麺類である。ここまでいくともはやまぜそばというかパスタの部類に入ると思うのだが。

 チーズソースと明太子がかなりジャンキーな味を醸し出していた。スシローも最近は酒の肴みたいなメニューが増えていってるので、もしかしたらかっぱ寿司のような飲みメインの客層も狙っているのかもしれない。


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」