1日はかっぱ寿司の新メニュー更新日という事で今日も寄ってきました。なんというか、個人的に春って回転寿司としては微妙なシーズンなんですよね。春がシーズンの魚ってあっさりしたものが多いイメージで、もっとコテコテな脂ノリの良いネタみたいなのを求めているジャンキー層には少し厳しい季節なのです。

 反対に、フレッシュなわさびよりも生姜が似合うネタが好きな層には最適なシーズンで、もちろんかっぱ寿司の期間限定ネタもそんなヤツらばっかりでしたよ!ほたるいか+生しらす+釜揚げ桜えびの春の軍艦、さより、いとより、連子鯛と見事に白身魚ラッシュでした。

 今回のフェアは4月9日までとちょっと期間が長いワケですが、おそらくこれは新代表取締役社長の就任が関係しているのでしょうか。そこらへんも気になる所です。

商品名 春フェアメニュー3月1日~4月9日
場所 近所のかっぱ寿司
価格 800円ぐらい

まずは牛すじ旨辛煮(300円)

 とりあえずリリースが出てから気になっていた「とろっと!牛すじ旨辛煮」を注文する。あまりにもフェアが淡白な感じなので、もはやこいつに期待するしか無いのだ。出てきてくれー、脂の魔神ー!

 牛すじの話をしよう。牛すじと一言でメニューに書いてあっても出てくるものは千差万別。基本的に牛すじはアキレス、スジ肉、メンブレンの3種類に分けられる。どて煮や牛すじカレーのように肉感があるものはスジ肉、おでんの串に刺さってるペラペラしている白いのがメンブレン、すごいコラーゲンっぽい円柱型のがアキレスである。

 このスジ肉部分が多いタイプが好きなのだが、この旨辛煮はアキレス部分がメインでコラーゲン美容健康系牛すじ煮であるわけだ。ちなみにアキレスの部分のほうが高価だった気がする。しかし、私の求めるジャンキーには少し届かなかった。ちょっと辛い。

春の軍艦三貫盛り(180円)

 まず見た目が美味そうである。こういった寿司ネタは食べる順番次第で味わいが変わる。ほたるいかから食べていこう。
 「春の風物詩であるほたるいか」などと書いているが、年中どこかしらで食べている気がする。釜揚げなので思った以上にあっさりしていた。きっと年中食べているのは濃い味のほたるいか沖漬け、その差が感じられる一品。生しらすはミニしらす丼、ほぼ生姜味。桜えびは上にちょこっと乗せられたマヨネーズのおかげで新鮮なエビマヨ感。なかなか侮れない三貫である。

ごま香る油そば

 今日も謎のメニューがあった。オカルトである。Webにもどこにも乗っていない「油そば」である。前に「油そば」自体はフェアであったのだが、それとはまた違った商品である。
 味は、私がたまに作る「出前一丁」のスープを少なくして油そば風アレンジをしたやつと86%ほど一致している。前のフェアの時にあった追いしゃりは無いので完全別モノかと思われる。ちょっと前にまぐろ食べた時あったかな~?

4月からのかっぱ寿司

 かっぱ寿司の上がコロワイドになってカッパがリストラされたのが昨年10月、リブランディングだなんだと色々やってみたものの業績は悪化しまくっているらしく営業損失6億だとか。少し前にコロワイドの社内報がネットにUPされて暴言が話題になったが、その暴言先はおそらく……
 というわけで、4月1日付けで社長が代わり「経営体制を刷新し、経営基盤の強化及び収益改善の加速を企図するもの」と発表されているので4月からはかっぱ寿司の新しい戦略が見られるわけである。どうなる、かっぱ寿司。かっぱの復活はあるのか!?


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」