かっぱ寿司も冬メニューという事でカニを主体にした11月メニューを出してきた。でもカニなんてどこの回転寿司チェーンでもフェアしてるし、ここはかっぱ寿司ならではの切れ味鋭い新ネタを期待したい所。そんな希望に応えてくれるのが最近のかっぱ寿司だ。かつてKら寿司がやってきたような斬新な寿司ネタ、今ではかっぱ寿司が担っている状態だ。ちょっと話は逸れるが、「エビ蔵とカニータ」とかいう寿司ネタ同士でラブストーリーを展開する謎のサイトもあるので見逃せない。かっぱ寿司はどこで行ってしまうのか!!

 とまぁ前置きはこれぐらいで、本題に入ると新商品の名は「クラムチャウダー炙り押し寿司」という。え、どういう事?となるネーミングでまず心を掴んでくるわけだ。かっぱ寿司は少し前から創作押し寿司に謎の力を入れており生ハムと鯖を合わせたりと実績もある。まずクラムチャウダーというのはクラム(二枚貝)のチャウダー(チャウダーってなんや、煮込み料理の事らしいね)という事で寿司とはかなり離れた存在である。「よーし、なんか変わった押し寿司作るぞー!」と考えて、このクラムチャウダーに行く着くのは常人ではほぼ不可能に近い。私だと持ち帰り寿司を冷蔵庫に入れた状態で少し残ったクラムチャウダーを面倒くさいから一緒に食べるかー!みたいな事が起きないとまず考えつかないアイディアだ。

本ずわい蟹入りクラムチャウダー、ナッツソースライス添え

 そう、まずは行き着くといってもこの商品である。海鮮シャリーマカレーなどの商品開発をしてきたかっぱ寿司だからこそ信頼できる組み合わせ。シャリにクラムチャウダーをぶっかけたメニューである。クラムチャウダースープ単体で出せば特に気にもしなかった商品だが、これにシャリを入れるだけで一気に惹き付けられるわけだ。一歩間違えると「邪道食い」とも捉えられかねない組み合わせである。

 ナッツソースというのがまたイイ感じで、わかりやすくいうとゴマダレみたいな味である。これにシャリの酸味が加わって絶妙なバランスで美味い。食べる前はドリア的な味かな~、と思っていたがこれは新しい味である。クラムチャウダーも結構濃い目の味付けだった。

クラムチャウダー炙り押し寿司

 先ほど食べたクラムチャウダーを凝縮させてアサリを炙ったのがクラムチャウダー押し寿司である。もうシャリがスペシャルなクラムチャウダーシャリになっているのが凄い。シャリを作るのにクラムチャウダー入れるかーとはならない。寿司の固定概念を持った状態だと行き着かないので他の海外ジャンルの料理人のような柔軟なアイディアが不可欠である。素直に凄い。

 かっぱ寿司でしか食べられない、寿司という枠にギリギリ収まっていそうな味、冬感を味わえるクラムチャウダーと文句なしの一品。間違いなく期間限定(下手したら復活無し)なので一度は食べておきたい寿司である。

その他の新メニュー

 去年もあったオマール海老の海老ミソ軍艦、とてつもなく海老クサイので二度目は無いだろうと思っていたのに流れてきたので普通に取ってしまった海老ミソ軍艦。前より味がまろやかになってる気がする。普通に美味い。

 赤魚天ぷら握り。食べようとしたらタッチパネルの上に「シャリの美味しさアンケート」みたいなのが置いてあって、なんかシャリが甘いだとか酸っぱいだとか答えていたら天ぷらだけが残ってしまった。

謎サイトの更新を楽しもう

 冒頭でもちょっと触れたかっぱ寿司の謎サイトがあるので引き続きそちらをお楽しみください。
 https://www.kappasushi.jp/cp/2019/fair_november_special


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」