かっぱ寿司2019年10月のメニュー更新があった。消費増税後初の秋メニューという事でどんな感じかと早速食べに行ったら持ち帰りの説明で四苦八苦している店員さんが居たのが印象的だ。レーンに流れている寿司を持ち帰りパックに詰めるという持ち帰り方法が今も使えるというのを知った。オーダーシートに書くのしか知らなかったよ……

 とそんなかっぱ寿司の秋のメニューはかなりの貝推しである。牡蠣にホタテ、赤貝、蝦夷あわび、石垣貝とかなり用意されている。でも個人的には貝はそこまで好きというわけではない、というわけで超個人的な好みの寿司を食べて行こうと思う。激辛推しかっぱ寿司ならではのサイドメニューも追加されていたので注目だ。

ガリバタ牡蠣炙り180円

 今回のフェアの看板メニューである瀬戸内海産蒸し牡蠣ガリバタ炙り。「ガリバタ」という単語はパワーが強すぎる、大体同じような味になるのが安易に想像できてしまうし、そもそもガーリックというだけでNGな人も居るだろう。そんな細かい事は気にしないぜと言わんばかりのガリバタ炙り牡蠣。人によっては牡蠣もNGって言う人いるし、こうなりゃもろともという思いっ切りを感じさせる組み合わせ。もちろん美味い。180円でこれ2貫食えるとなるとそこらへんのオイスターバーどうなるんや……ちなみにジュレポン酢という普通なバージョンもある。

シビ辛唐揚げ200円

 少し前から寿司+激辛という新しいジャンルを開拓してきたかっぱ寿司。100円のシビ辛ソースは一人で使うのはちょっと多いが、唐揚げとかに掛けると美味いというシビからジレンマを破る商品を用意してくれていた。揚げ餃子、唐揚げ、フライドポテトにシビ辛ソースをかけたバージョンの商品である。中でもシビ辛揚げ餃子は少し凝っている。シビ辛ソースがプラスされているのにお値段は据え置きという親切設計。

 しっかりと辛いのだが、こういった単品だと満足感のほうが上回る感じだ。そもそも一人でシビ辛ソースを注文すると使い切るために全部辛くなってしまうので食事が修行になってしまう。かっぱのナイス判断。

あん肝軍艦

 今年もあん肝が回る季節がやってきた。といっても半年ぐらいは回っているのだが、いつの間にかメニューから消えるのがあん肝である。よく食べ過ぎると尿酸値がどうとか警告してくる人が居るが、食事の場で言うと折角のあん肝が不味く感じるのでやめよう。あん肝も回転寿司チェーン各社で結構違うので食べ比べてみると面白いネタである。

しゃりドッグ─タコス風─

 ウインナー手巻きですよね。尋ねるが首は縦に振らない。そこそこの隠れ人気メニューとしてタッチパネルでも後ろのほうに載っていたウインナー手巻きがレベルアップした。名称を「しゃりドッグ」に変えて、ノーマル以外にもチーズとタコス風を追加した。今回はその中のタコス風をチョイス、タコス風寿司って中々思いつかないし多分タコス部分が強すぎてその味しかしないんじゃないのって思う。

 まさにその通りの味であった。普通なら酢飯とタコスが調和して~とか、まさしくタコスの寿司化に成功している~とか書きたい所だけど完全にタコス。なんだったら海苔がちょっと邪魔だな~って感じるくらいにはタコスでした。もうコーンチップスとかも追加して本格的にそっち方向の寿司を作って欲しい。

 まぁこの「しゃりドッグ」というネーミング、回転寿司に慣れた皆さんならお気づきかもしれないが完全にスシローの「すしドッグ」を意識しているのは間違いないだろう。しゃりドッグ vs すしドッグ、現在ではチーズソースやタコス風などがあるしゃりドッグが有利である。果たしてこの挑発にスシロー側は乗ってくるのかも見ものである。


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」