dsc_0093.jpg ふとくら寿司鮮魚市場のツイッターを眺めていたら、いつもの社長コント画像が載せられていた。
 そう、最近のくら鮮魚市場は社長自ら釣ってきたと称する鮮魚セットを超お値打ち価格で放出している。結構人気イベントらしくジャンケン大会で勝利し初めて「購入する権利」を与えられるというものだ。
 主に休日の15時30分ぐらいからやっている事が多いらしいが、もし参加するぜというくら寿司大好きマンがいるなら毎日鮮魚市場のツイッターをチェックしておこう。
 と、今日はそんな鮮魚市場の情報を調べているうちに、面白い情報を見つけたので紹介したい。
 謎の新商品?っぽい「スリーミードーナツ」である。

クリスマスイベントの一言

suri-mi 鮮魚とクリスマスというなかなか組み合わせ方が難しい事を平気でやってのけるくら寿司。
 クリスマスとはいえ、いつも通りの社長のジャンケン大会の告知かと思われた画像がくら寿司クラスタを震撼させた。

 店長「公開前の新商品ですが、プレゼントで宜しいでしょうか?」 

 ここから読み取れる事は間違いなく今後販売される予定のある新商品情報という事だ。
 まさかこんなコントに新商品の情報をぶち込んでくるとは、なかなかわかっている。

 

スリーミードーナツ

suri-mi-2 魚のすり身を使った、本格スイーツ!
 ふわふわ食感の生地に黒蜜・きなこ・粉砂糖が甘さを引き立てる!

 まさかのすり身で作ったドーナツだった。黒蜜、きなこ、粉砂糖をかけてれば大体なんでも美味い。

 問題はこの新商品は「くら鮮魚市場」に対してなのか、「くら寿司」に対してなのかで評価が変わる
 おそらく練り物を扱ってる事から「くら鮮魚市場」の新商品というのが本線では無いだろか。確かにこれがくら寿司で扱われれば「またキワモノを売りやがって」という反応は間違いなしである。

さらに深く読み取るのだ

 さて、スリーミードーナツで思考を停止させてはいけない。理解している者同士の会話を読み取るのだ。
suri-mi 店長「はい、イカが致しましょうか?」
 社長「イカと違う。ドーナツ。

 もうお分かりだろう。

 彼らの中ではドーナツでは無い「イカ」を使った新商品という共通認識もあるのだ。
 今回は「イカ」のほうじゃなくて「ドーナツ」のほうね。といった感じである。

 イカ飯と寿司を混ぜた「イカ寿司」とか、イカの細切りを麺にした「イカラーメン」など可能性は捨てきれない。
 くら寿司ならばイカスミを使った真っ黒なダークマターの可能性もある。

 続報が期待される所だ!


The following two tabs change content below.

小林RH

編集長オカルテック
ネットゲーム、アナログゲーム、ギャンブル、ダイエットなどの記事をメインに オカルトといえばホラーなイメージを覆すため日々執筆中 「オカルトとは誰でも楽しめるエンターテイメント」